HOME サイトマップ
大阪湾を楽しむ 大阪湾の紹介 大阪湾のイベントに参加しよう 大阪湾で学ぶ 大阪湾環境情報クリアリングハウス データで見る大阪湾 リンク集
 

大阪湾の沿岸域 3.産業 「漁業」

 
大阪湾は、豊富な水産資源に恵まれた海域であり、古くは「茅渟の海」とも呼ばれていた。現在も様々な種類の漁業が営まれており、漁場として活発に利用されている。
 
漁港位置図
 
大阪湾沿岸部には第1種漁港が17港、第2種漁港が3港、第3種漁港が1港ある。
 
 
出典:大阪府資料、兵庫県資料より作成
 

主な漁場図

 
漁業種類別には、多獲性浮魚資源を対象とする巾着網漁業および船びき網・ぱっち網漁業、底魚資源を対象とする小型底びき網(板びき網、石桁網など)漁業が盛んであり、このほか、刺網、はえ縄、たこつぼ漁業や養殖業などが営まれている。
大阪湾は、そのほぼ全域が漁場として利用されている。沿岸には漁業権漁場が設定され、主にノリとワカメの養殖が行われている。
 
出典:大阪府資料,兵庫県資料より作成
 

   


↑PAGETOP

目次を見る

大阪湾の概況

大阪湾の環境

大阪湾の沿岸域

その他

データで見る大阪湾の使用について