HOME サイトマップ
大阪湾を楽しむ 大阪湾の紹介 大阪湾のイベントに参加しよう 大阪湾で学ぶ 大阪湾環境情報クリアリングハウス データで見る大阪湾 リンク集
 

大阪湾の沿岸域 3.産業 「漁業」

 
漁業は、漁業権漁業、許可漁業および自由漁業に大別され、水産資源の保護・育成および漁場整備のために、漁期、漁具(網目の大きさなど)、漁船の規模(トン数、馬力数)などに制限が加えられている。
 

漁業の分類

 
出典:大阪府資料,兵庫県資料より作成
 
 
漁業権漁業
都道府県知事の免許により、公共水面の区域を限って、特定の漁業を排他的に営む権利を漁業権といい、この権利に基づいて行う漁業のことをいう。漁業権には、身網の設置水深が27メートル以上の大型の定置漁業を営む権利である定置漁業権、一定の区域で養殖業を営む区画漁業権(第1種から第3種)、一定の漁場を共同で利用して営む漁業の権利である共同漁業権(第1種から第5種)の3種がある。

許可漁業
水産資源の保護あるいは漁業調整のために、一般には禁止している漁業を一定の条件の下に特定の者に解除する場合、これを許可漁業といい、漁業法、水産資源保護法、これに基づく農林省令,都道府県規則などにより、農林水産大臣(大臣許可漁業)または知事の許可を受けなければ営むことができない(知事許可漁業)と規定されている漁業のことをいう。

自由漁業

漁業法令・規則等の制限を受けずに操業できる漁業のことをいう。一般的には釣り、はえなわ漁業等がその例としてあげられる。なお,漁業調整上の必要から,海区漁業調整委員会が自由漁業に対して制限の指示を行う場合もある。

 

漁業種類別にみた漁期

 
出典:大阪府資料,兵庫県資料より作成
 

操業形態概略図

 
出典:大阪府ホームページ「大阪湾での漁法」より作成
 

 


↑PAGETOP

目次を見る

大阪湾の概況

大阪湾の環境

大阪湾の沿岸域

その他

データで見る大阪湾の使用について