HOME サイトマップ
大阪湾を楽しむ 大阪湾の紹介 大阪湾のイベントに参加しよう 大阪湾で学ぶ 大阪湾環境情報クリアリングハウス データで見る大阪湾 リンク集
 

大阪湾の沿岸域 4.文化・遊び 「自然景観」

 
 
大阪湾周辺地域における自然景観資源の件数

環境庁が昭和61~62年に実施した自然環境保全基礎調査によると、大阪湾周辺地域における自然景観資源数は56件であった。最も多いのは非火山性孤峰(29件)であり、次いで滝(16件)となっており、この2資源で全体の約80%を占めている。
  (単位:件)
自然景観資源名 兵庫県 大阪府
和歌山県
合計
山地景観 非火山性高原
- - 1 1
非火山性孤峰
8 19 2 29
断崖・岩壁
1 - - 1
岩峰・岩柱
1 - - 1
河川景観 峡谷・渓谷
1 1 1 3

8 5 3 16
湖沼景観 湖沼
- 1 1 2
湿原
1 - - 1
海岸景観 海食崖
1 - - 1
波食台 - - 1 1
合 計 21 26 9 56
出典: 環境庁「第3回自然環境保全基礎調査 自然環境情報図(兵庫県、大阪府、和歌山県)」(平成元年)より作成
 
注1)
自然景観資源の内容
名  称 内     容
非火山性高原
標高の高い台地状の地形。
非火山性孤峰 山脈・山地に含まれない孤立峰。比高100m以上でランドマーク的なもの。
断崖・岩壁 垂直または極めて急傾斜した岩体の斜面。比高30m以上で峡谷・渓谷とは離れた山腹にあるもの。
岩峰・岩柱 周囲が風化・削剥されたため残された塔状または塊状の基岩の高まり。
峡谷・渓谷 幅に比べて著しく深く急な谷壁を持つ谷、または山地部を流れる渓流河川がつくる谷。延長1km以上。
河床の縦断勾配が不連続的に急になり、河水が落下または急激に流下している地点。
湖沼 陸地に囲まれた凹地に水が溜ったもので、海とは直接つながっていないもの。短径50m以上で成因が人工ではないもの。
湿原 地下水位が地表とほとんど同程度の土地に発達した草原。短径50m以上。
海食崖 海に面した山地や台地の縁が海食作用で削られて生じた崖。
波食台 主として潮間帯にある平滑な岩石の侵食面。通常海面上にあり時々波を被るものを含む。
出典: 環境庁「第3回自然環境保全基礎調査 自然環境情報図
(兵庫県、大阪府、和歌山県)」(平成元年)より作成

注2)
自然景観資源調査の内容と方法
調査は環境庁(現環境省)から委託を受けた各都道府県において、地形学、地質学などの専門家が文献調査、ヒアリング調査並びに図上計測を主体に、また必要に応じて現地調査を加え実施された。

「調査の対象となった自然景観」
●視対象である自然景観の基盤をなす地形、地質及び自然景観として認識される自然現象であること
●通常、人間が視覚的に自然景観として認識できるスケールであること
●視覚に訴える特徴的なものであること
●人工的に造成されたものではないこと
●季節的な自然現象ではないこと
出典: 環境庁自然保護局編「緑の国勢調査」(平成5年12月)より作成
 

 


↑PAGETOP

目次を見る

大阪湾の概況

大阪湾の環境

大阪湾の沿岸域

その他

データで見る大阪湾の使用について