調査結果報告

透明度の分布図・経年変化図

透明度は、淀川や大和川などの河川が流入する大阪湾の北東側で低く、西側で高い傾向がみられます。
本調査結果は、夏季1回の結果であり、調査実施時の気象・海象の状況による影響を受けています。
透明度は、市民へのわかりやすい指標として平成21年度から測定を開始しました。

水平分布図
平成21年度 平成22年度 平成23年度
水平分布図 透明度 平成21年度 水平分布図 透明度 平成22年度 水平分布図 透明度 平成23年度
平成24年度 平成25年度 平成26年度(前半)
水平分布図 透明度 平成24年度 水平分布図 透明度 平成25年度 水平分布図 透明度 平成26年度(前半)
平成26年度(後半) 平成27年度 平成28年度
水平分布図 透明度 平成26年度(前半) 水平分布図 透明度 平成27年度 水平分布図 透明度 平成28年度
平成29年度 平成30年度 令和元年度
水平分布図 透明度 平成29年度 水平分布図 透明度 平成30年度 水平分布図 透明度 令和元年度
令和2年度
水平分布図 透明度 令和2年度
凡例 透明度
経年変化図

経年変化図 透明度

類型区分図

類型区分図