HOME サイトマップ
大阪湾を楽しむ 大阪湾の紹介 大阪湾のイベントに参加しよう 大阪湾で学ぶ 大阪湾環境情報クリアリングハウス データで見る大阪湾 リンク集
大阪湾の紹介 - 概要
 

「概説」 大阪湾海域の再生

 
 大阪湾とはどういうところか、人々は大阪湾をどのように利用し、どんな恩恵を受けているのか。
 昭和30年代までの大阪湾は、海水浴場が湾奥部に数多く散在するなど、人々にとって身近な海だった。
 戦後復興・経済成長期には、主に浅海域における埋立てによる土地造成と防波堤の整備により物流・生産機能が強化され、日本の高度経済成長を大きく支えて きた。また、背後に集積する人々の生命、財産を守るため、防潮堤などの海岸保全施設の整備も進められ、安全・安心な国民生活を支えてきた。
 一方、これらの整備により、砂浜などの自然海浜、藻場・干潟などの浅場等が縮小・消失し、海水が停滞しやすい水域が発生した。背後集水域の人口増加、産業発展は、水質汚濁負荷やごみの排出の増加を引き起こし、大阪湾の水質悪化、底質悪化、景観悪化をもたらした。これらの環境変化は生物生息・生息環境を悪化させ、生物多様性の低下を招く結果ともなった。また、人々の海との触れ合いの場を減少させた。
 これまでにも、このような問題に対し様々な取り組みが実施されてきたが、取り組むべき課題は多く残されている。また、近年の産業構造の変革の影響による 臨海部の低・未利用地の発生、廃棄物最終処分場の不足などの問題もある。
 今後も引き続き、大阪湾の再生に向けて、多様な主体の連携によって海域環境改善のための取り組みを積極的に実施していくことが重要である。
 

   


↑PAGETOP

概要
詳細