HOME サイトマップ
大阪湾を楽しむ 大阪湾の紹介 大阪湾のイベントに参加しよう 大阪湾で学ぶ 大阪湾環境情報クリアリングハウス データで見る大阪湾 リンク集
 

大阪湾の環境 2.大阪湾の海域環境 「潮流」

 

2潮流の振幅と位相

 
大阪湾では、主太陰半日周潮(M2潮)によって起こるM2潮流が卓越している。M2潮流は紀淡海峡から明石海峡へと伝播し、両海峡の位相の差は約20度である。
 
 
出典:坪田博行ら「瀬戸内海の水の動きと水質」(瀬戸内海の環境、昭和60年)より作成

M2
分潮の一つで、主太陰半日周潮という。これとS2(主太陽半日周潮)、K1(日月合成日周潮)、O1(主太陰周潮)を4分潮という。
分潮とは、起潮力を三角関数の和として表したときの個々の周期変動のことで、起潮力とは、月や太陽などの引力が地球上の各地点で異なっているために生ずる、潮汐を起こす力のこと。
位相
振動や波動のような周期的現象において、ある時刻・ある場所で、振動の過程がどの段階にあるかを示す変数のことである。

 

 


↑PAGETOP

目次を見る

大阪湾の概況

大阪湾の環境

大阪湾の沿岸域

その他

データで見る大阪湾の使用について