HOME サイトマップ
大阪湾を楽しむ 大阪湾の紹介 大阪湾のイベントに参加しよう 大阪湾で学ぶ 大阪湾環境情報クリアリングハウス データで見る大阪湾 リンク集
 

大阪湾の環境 2.大阪湾の海域環境 「水質」

 
富栄養化の進んだ停滞性の内湾域では、底層水中の溶存酸素(DO)の不足が、底生魚介類や底生生物の生息に影響を及ぼしている。
大阪湾においては、夏季に底層水の溶存酸素濃度が低下し、特に、湾奥部では3mg/l未満の海域がみられる。これは、酸素飽和度30%未満に相当することから、大阪湾は栄養階級でみると富栄養域から過栄養域にあるものと考えられる。これらの階級では、夏季には表層付近で赤潮が発生するため、溶存酸素が過飽和となる。
また、溶存酸素濃度の低い海域では、富栄養化の指標であるアンモニア性窒素(NH4-N)やリン酸性リン(PO4-P)の濃度が高い傾向がある。
底層水のDOの季節変化
出典: 大阪府水産試験場「大阪府水産試験場事業報告」 (昭和60~平成17年度)
大阪府環境農林水産総合研究所「事業資料集」 (平成18~24年度) より作成
 

夏季の底層水質濃度分布

 
▽見たい項目を選択してください
 
出典: 大阪府環境農林水産総合研究所「事業資料集」 (平成22~24年度) より作成
 
海域の栄養階級の区分と溶存酸素分布について
出典: 吉田陽一「低次生産段階における生物生産の変化、
水産学シリーズ1 水圏の富栄養化と水産資源増養殖」(恒星社厚生閣、
昭和58年)より作成
 
 
溶存酸素(DO)
水中に溶解している酸素量のことをいう。

詳細説明へ
 

 


↑PAGETOP

目次を見る

大阪湾の概況

大阪湾の環境

大阪湾の沿岸域

その他

データで見る大阪湾の使用について