HOME サイトマップ
大阪湾を楽しむ 大阪湾の紹介 大阪湾のイベントに参加しよう 大阪湾で学ぶ 大阪湾環境情報クリアリングハウス データで見る大阪湾 リンク集
 

大阪湾の環境 2.大阪湾の海域環境 「水質」

 
海域では、pH,COD,DO,大腸菌群数、n-ヘキサン抽出物質の5項目において、生活環境の保全に関する水質の環境基準が、利用目的に応じて定められた類型毎に設定されている。
類型別の月変化を見ると、表層水のCODおよび全燐は春季~夏季にかけて高い傾向がみられる。
海域の水質の経年変化については、下水道の普及や工場・事業場排水対策などによって、昭和40年代から50年代と比較すると改善はされている。環境基準はC類型の海域を除いて達成されていない。
 

海域における生活環境の保全に関する水質の環境基準

 




利用目的の適応性 基準値
水素イオン
濃度
( pH )
化学的
酸素要求量
(COD)
溶存酸素量
(DO)
大腸菌群数 n-ヘキサン
抽出物質
(油分等)
A 水産1級
水浴
自然環境保全及び
B以下の欄に掲げるもの
7.8以上
8.3以下
2mg/l以下 7.5mg/l
以上
1,000
MPN/
100ml以下
検出され
ないこと
水産2級
工業用水
及びCの欄に掲げるもの
7.8以上
8.3以下
3mg/l以下 5mg/l
以上
- 検出され
ないこと
環境保全 7.0以上
8.3以下
8mg/l以下 2mg/l
以上
- -
備考
1.水産1級のうち、生食用原料カキの養殖の利水点については、大腸菌群数70MPN/100ml以下とする。
(注)1.自然環境保全:自然探勝等の環境保全
   2.水産1級:マダイ、ブリ、ワカメ等の水産生物用及び水産2級の水産生物用
    水産2級:ボラ、ノリ等の水産生物用
   3.環境保全:国民の日常生活(沿岸の遊歩等を含む。)において不快感を生じない限度
 




利用目的の適応性 基準値
全窒素 全 燐
自然環境保全
及びⅡ以下の欄に揚げるもの
(水産2級及び3種を除く)
0.2mg/l
以下
0.02mg/l
以下
水産1級
水浴
及びⅢ以下の欄に揚げるもの
(水産2級及び3種を除く)
0.3mg/l
以下
0.03mg/l
以下
水産2級
及びⅣの欄に揚げるもの
(水産3種を除く)
0.6mg/l
以下
0.05mg/l
以下
水産3種
工業用水
生物生息環境保全
1mg/l
以下
0.09mg/l
以下
備考
1.基準値は、年間平均値とする。
(注)1.自然環境保全:自然探勝等の環境保全
   2.水産1種:底生魚介類を含め多様な水産生物がバランス良く、かつ、安定して漁獲される
    水産2種:一部の底生魚介類を除き、魚類を中心とした水産生物が多獲される
    水産3種:汚濁に強い特定の水産生物が主に漁獲される
   3.生物生息環境保全:年間を通して底生生物が生息できる限度
 




水生生物の生息状況の
適 応 性
基準値
全 亜 鉛
生物A 水生生物の生息する水域 0.02mg/l
以下
生物特A 生物Aの水域のうち、水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域 0.01mg/l
以下
出典:昭和46年環境庁告示第59号より作成


 
海域水質の類型別月変化
出典: 大阪府環境農林水産総合研究所「大阪府域河川等水質調査結果報告書」(平成22~24年度)
兵庫県資料 より作成
 
海域水質の類型別経年変化
出典: 大阪府環境農林水産総合研究所「大阪府域河川等水質調査結果報告書」(昭和47~平成24年度)
兵庫県農政環境部環境管理局「公共用水域の水質等測定結果報告書」
兵庫県資料 より作成
 
CODの類型別環境基準達成割合の推移
出典: 大阪府環境農林水産総合研究所「大阪府域河川等水質調査結果報告書」(昭和48~平成24年度)
兵庫県農政環境部環境管理局「公共用水域の水質等測定結果報告書」
兵庫県資料 より作成
 
内部生産CODの寄与率
出典:環境庁水環境研究会「内湾・内海の水環境」(平成8年12月)より作成
 
 
内部生産
湖沼、内湾など閉鎖性水域で、植物プランクトンの増殖(光合成)により有機物質が生産されることをいう。詳細説明へ
 

 


↑PAGETOP

目次を見る

大阪湾の概況

大阪湾の環境

大阪湾の沿岸域

その他

データで見る大阪湾の使用について